オタクの見た夢

読んだマンガやアニメの感想を書いたり、考察したりしてるつもり。

エロマンガ先生

原作の素晴らしさを差し引いても、とにかく演出が素晴らしい。
本当にこれをA-1 Pictuesが作ったのか?という完成度。
いまだに信じられない。あのA-1が、これを・・・

本作品は少なくとも3つのレイヤーに考えが及ぶように作られている。
1. エロマンガ先生という物語
2. 俺妹を含めた伏見つかさの世界の物語
3. 現実のオタク観に対する言及

見れば分かるようになっているので、ここでは詳しくは説明しない。
以前自分の考えをまとめるために作った図があるので、ここに貼っておく。
視聴途中のものなので、あとから考えるとイマイチな部分も多いかもしれない。


messageImage_1498322296701

以下ツイートを引用




























シンデレラガールズ劇場

可もなく不可もなく、良くも悪くもファンサービスのためだけのアニメだった。
プロデューサーを絶望のどん底に突き落としたデレアニと比べるとそれだけで十分良いのかもしれない。
ただ、短い時間でキャッチーなシーンを作りたいのは分かるが、もっとキャラクターの良さを掘り下げるような描写が欲しかった。
ちなみにEDのCDは10枚買ってすべて落選した。

リトルウィッチアカデミア

10年ぶりのガイナ作品という感じで最高だった。
すべてが高いレベルで完成していて、グレンラガンを超えた部分も多いと思う。
キルラキルがいまいち自分に合わなかったから心配していたけど、TRIGGERには今後もかなり期待できそう。

ハリーポッターみたいだと言われるけど、半分はそのとおりだと思う。
賢者の石を読んだ読者が期待した理想の物語がここにあった。
ハリーポッター自体は炎のゴブレットあたりから迷走して最後は超駄作となってしまったが、リトルウィッチアカデミアは最後まで面白かった。そこが半分間違っているところだ。
最新コメント
カテゴリー