オタクの見た夢

読んだマンガやアニメの感想を書いたり、考察したりしてるつもり。

逆転裁判 やる気ゼロから始めるアニメ制作



★☆☆☆☆ なんですか?これは。私の時間を無駄にしないで頂きたい。

すべてにおいてやる気を感じられない、消化試合のようなアニメだった。
もう棄権したほうがお互いのためだと思うんだけど・・・

そのやる気のなさは上部に貼ったBDBOXのジャケットからも十分に感じられると思う。 
これ揃える人いるのかな。
あと、その「真実」、異議あり!ってサブタイは一体何なんだ・・・

Re:ゼロから始める異世界生活 結局キャラ萌えサイドに堕ちていった



★★☆☆☆ 前半と後半でスタッフ変わりました?

凶作の時代にあって唯一、並以上のアニメとして君臨した本作。
終わってみれば凡作だが、前半は巻き戻して見てしまうくらい面白かった。

ヤマカンナイトですこし触れられていたが、この渡邊政治監督はヤマカンの仲の良い後輩らしい。
日頃から「なんで(今の)日本のアニメこんなにつまんないんですかぁ」と愚痴っているらしく、
そんな監督が、適当なストーリー・雑な設定・操り人形のキャラクター・テーマ、メッセージ性、思想なしの今作を作るにあたってはかなりの苦痛が伴っただろう。
それでも、前半はOP・EDを毎回のようにカットするなど、構成や演出にかなりの工夫を感じた。
渡邊監督なりに、キャラクターがかわいければ良作という、ネットに媚びた制作体制への反抗があったのではないかと思う。

これは予想だが、そうやって出したアニメが結局、エミリアがかわいいから良かった、レムがかわいいから良かったという反応しかされず、心が折れてしまったんじゃないだろうか。
あるいは、そういう反応だけを重視する内部の人間に強要されたのか・・・
どちらの結果かはわからないが、後半はレムをかわいく画面に映すためだけのアニメになり、演出に工夫もなく、最終回へ向かって平坦な道を進むことになった。

中学生でも完全に理解でき、共感できるから「ライト」ノベルなのだという話もあるが、
こういうケータイ小説みたいな話を原作にする時点で負け戦なのだと思う。
悲しむべきはそういうアニメしか流行らない現状と、大学に進学しながらその程度の感性と理解力しか持ち合わせない自称”オタク”たちの台頭だろう。
監督はベストを尽くしたと思う。お疲れ様でした。次はオリジナルアニメをお願いします。 

オタク・イズ・デッド&アニメ・イズ・デッド

いまさら、岡田斗司夫のオタク・イズ・デッドとヤマカンのアニメ・イズ・デッドを見た。
概ねその通りだと同意できるような内容で、安心半分、やっぱりそうなのかという悲しさ半分という感じ。
2006年にこれを提唱できた岡田斗司夫はさすがオタキング。
ヤマカンはちょっと言うのが遅いよ~と思ったけど、評論家ではなくアニメ監督ではなかなか言うのが難しいんだろう。
俺がアニメが終わったと思ったのはやはり2009年頃で、才能あるアニメ監督と似た意見だったのは嬉しかった。
短い時間だが、「その域に達していない」騒動、リゼロの監督の苦悩など、驚きに満ちた内容だった。

ただ、山本寛監督は「無責任オタクに向けたアニメはもうやめよう」とよく言っているが、
炎上させたりしているのは死んだあとに生まれたオタクであって、従来のオタクではないと主張したい。
たぶん、ヤマカン叩きの人はキョロ充(10、20年前だとオタクを迫害していた層)であって、たぶん今頃「シン・ゴジラ」や「君の名は。」を絶賛しているんじゃないだろうか。
彼らは周りの雰囲気に合わせて同じことを言いたいだけなのだ。
他人と同じでありたいのに、目立ちたい欲が強いと、厄介と呼ばれるオタク(ヤンキー)になるのだと思う。

どちらも必見。
あと、ニコ生でやってた対談も良かった。











最新コメント
カテゴリー